白浜 沈船ツアー(動画あり)

 

⇧ 更新通知をONにして頂くとブログが更新された時に通知が届きますので何時でも最新情報がチェック出来る様になります(通知は何時でもOFFに戻す事が出来ます)

今回は沈船ツアーです。お天気も透明度も良く最高の沈船ダイビングになりました。

透明度は16~20mくらい見えていたと思います。前回は春濁りが酷く断念しましたのでリベンジ完了です。

一応T様はアドバンスの講習の残りがありましたので水中で課題に挑戦中です。

無事課題終了~

課題終了のお祝いに駆け付けたイシダイくん。誰かが餌付けでもしたのかダイバーにやたら懐いていました。

進んで行くと何やら船体にもやが掛かった様になっています。

近づいて行くと全部魚でした!船体を覆い隠してしまう程のキンメモドキの群れです。

これにはT様も目をまん丸にして驚いていらしゃいました。やはり群れは動画の方が迫力がありますのでぜひ動画をご覧ください。

やっぱり大きな群れは透明度の良い時が良いですね。

船体にはキイボキヌハダウミウシ。

船の中には大きなクエが。(今回は初心者様でしたので船の中には入りませんでしたが)

船首付近

右舷側

船尾付近ではネンブツダイが口内保育中でした。この種のイシモチ系の魚は口内保育と言って、雌が卵を産むと雄が口の中で飲まず食わずで1週間孵化するまで子育てをします。写真の個体は雄で薄っすらと口の中の卵のオレンジ色が見えます。もう少し日が経つと今度は金色に変わって来ます。小魚の卵は成長するとまず眼球から育つためその眼の金色が目立ってくると言う訳です。口の中が金色に変わって来るといよいよハッチアウトが近いと言うサインです。こう言う生態の事を口内保育(英語ではマウスブリーディング)と言うのです)

何はともあれ、天気にも透明度にも恵まれた楽しいダイビングになりました。

次回もまたぜひご一緒しまよう!有難う御座いました!

 

⇧ 更新通知をONにして頂くとブログが更新された時に通知が届きますので何時でも最新情報がチェック出来る様になります(通知は何時でもOFFに戻す事が出来ます)

  1. アカホシカクレエビ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. ダイビング写真 アオウミガメ
PAGE TOP