期間限定ポイント「アンドの鼻」ダイビングツアー

日帰り串本ダイビングツアーに行って来ました。

最近の串本は本当に透明度が良い日が続いています。

まずは一本目、備前からです。ホホスジタルミの稚魚が居ました。綺麗で可愛いのですが動き回るので撮影は苦労します。

そのすぐ横の岩陰にはマツカサウオ。

アナモリチュウコシオリエビです。真っ赤なボディーに可愛い爪でダイバーの間ではロボコンエビの愛称で親しまれています。

因みにこれがロボコンです。昭和の実写漫画ですね。作者は仮面ライダーで有名な石ノ森章太郎さん。

このウミウシは私の持ってる図鑑では名前が判別出来ませんでした。5㎜に満たない幼体でしたのでこれからもう少し大きくなったらはっきりと特徴が出てくるのかも知れません。

サンゴの上にチョコンと鎮座しているサラサゴンベ。

暗がりが好きなヌノサラシ。

ヌノサラシ撮影中。。。

透明度が良いのでバブルリングが綺麗に映えますね。

さて二本目はお待ちかねの期間限定ポイント「アンドの鼻」です。若干内海寄りのポイントなので備前より水が白っぽかったです。

取り合えず深い方のサンゴから潜って行きます。今年はケラマハナダイが群れていました。

サンゴの下の穴にはアザハタとタテジマキンチャクダイの子供が。目の醒める様なブルーが綺麗です。

アカシマヒラヒゲエビです。

このエビはクリーニングシュリンプと言って他の魚の体等をお掃除してくれるエビです。手を出すと飛び乗って来て爪の間や皮膚のささくれ等を取ってお掃除してくれました。

この大きな壺みたいなのはカイメンの仲間でミズガメカイメンと言います。他の海にも無い事はないのですがここまで巨大なものは串本でしか見た事がありません。良く観察するとヒダの間に小さな生き物が隠れていたりします。

浅い方のハマサンゴにはネンブツダイとクロホシイシモチが混泳して群れを形成していました。

と、たっぷりワイドなダイビングを楽しんだ後

船の下まで帰って来るとサビウツボがお出迎えしてくれました。今日も目が点です。

帰りにミカン屋さんによって袋いっぱいのミカンを買って帰りました。

参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。やはりホームの海は良いですね。北風が吹き始める前にまた行きましょう!有難う御座いました。

  1. 水中写真
  2. テングダイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

PAGE TOP