日本海、電撃日帰りダイビングツアー行って来ました

朝から港の中がこの透明度でテンション上がります。

T様、今回は初のレンタルカメラで撮影に挑戦です。

キンチャクダイのygです。

まずは生物だけ紹介して撮るのは自由に撮って頂きました。

その写真をお昼休みに見ながら撮り方のアドバイス等をして2本目に活かして貰うと言う作戦です。

カサゴです。この魚は眼が可愛いので大胆に体は切り取ってしまって表情だけに焦点を絞って絵作りをした方が良い写真になります(←てな事をお昼に色々アドバイスします)

透明度も良いのでスズメダイの群れも絵になります。

安全停止中。。。

二本目は透明度は少し落ちますがタツノオトシゴ狙いで湾内のポイントへ。

湾内と言っても底は水深30mくらいまで落ちます。写真の魚はキハッソクです。

マツカサウオは良くこう言う暗がりを好んで隠れています。因みに今回は別の場所で2匹見つける事が出来ました。

お目当てのタツノオトシゴは色が派手だったので苦労する事無く見つけられました。しかしシャイなヤツでカメラを向けるとスーッと後ろを向くので撮影には苦労しましたが。

さて最後にT様のお写真です。座学の成果やいかに・・・

ばっちり顔だけアップで表情の面白さが伝わる作品に仕上がっています。やった!

日本海ではまだネンブツダイが口内保育中でした。

今回は太平洋側が風波で急遽電撃日帰り日本海になりましたが和歌山とはまた違う海に触れて頂けまたマンツーマンでのダイビングになりましたのでじっくり写真を撮って頂けました。また次回もカメラダイブしましょうね。お疲れ様でした。

  1. ダイビング写真 アオウミガメ
  2. 水中写真
  3. 潜降するダイバー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

PAGE TOP